インフルエンザの予防対策、方法【重要】

インフルエンザの効果的な予防の方法

インフルエンザは予防が大切です。セックスの時の予防方法

インフルエンザが流行ってますね。
セックスの時のインフルエンザを予防するためにいくつかの方法をご紹介します。

とても重要なので必ずご覧いただき注意してください。

インフルエンザの予防接種は大切ですが、まずはインフルエンザのウイルスをもらわないこと、予防することが大切ですね。

男性は、手を洗わずにおしっこをしないこと。

手にインフルエンザのウイルスがついている場合があるのでその手でおちんちんをつかんでおしっこをするとおちんちんにインフルエンザウイルスがついてしまいます。

なので女性は、
いきなりフェラチオをしないこと

まずは、女性が気を付けることですがフラチオによるインフルエンザの感染が意外に多いです。

男性は、おしっこをする時はおちんちんをもってしますのでもしインフルエンザウイルスがついた手でおしっこをした場合にはおちんちんにインフルエンザウイルスがついています。

そのおちんちんをよく洗わずにフェラをしてしまうとインフルエンザウイルスをもろに吸収してしまいますので注意が必要です。

男性がインフルエンザにかかっていなくても、インフルエンザウイルスが手についていれば感染してしまいますね。

また、インフルエンザウイルスを摂取した口でその女性とキスをした場合には男性もインフルエンザにかかってしまいます。

予防策としては、綺麗に身体を洗ってからセッツクスをすることです。

また、あまりないと思いますがインフルエンザウイルスがついたちんちんを女性にズコズコと生挿入をした後にクンニをすると当然インフルエンザに感染していまう可能性が高まりますので注意しましょう。

風俗の場合、最近では即即でフェラをしてくれるお店がありますが、自分だけでなく前の客からインフルエンザをもらった風俗嬢とキスをすれば感染してしまいます。

最近は、風俗でNN(マナ挿入中出し)をすることが多いのですが、性病だけでなくインフルエンザにかかる可能性も多いので要注意ですね。

また、この時期はキャバクラでインフルエンザに感染することも多くあります。

以前に、キャバクラに行きキャバ嬢をアフターに誘いセックスをしてインフルエンザに感染したことがありました。

キャバ嬢とセックスる時も気を付けましょう。

このように、予防する方法はいくつもあります。
思わぬところでインフルエンザいに感染することもあります。

セックスをするときは、お互いに綺麗に身体を洗ってから楽しみましょう。

1.手を洗わずにおしっこをしないこと
2.女性は、いきなりフェラチオしないこと
3.フェラチオをした女性とキスをしないこと
4.よく洗わないチンポを挿入した時クンニはしないこと
5.風俗嬢とセックスするときは、お互いに綺麗にあらう
6.キャバ嬢といきなりキスをしたりセックスをしない

その後にセックス上達法のセックステクニックを使い女性を喜ばせてください。

女性の性感帯の新たな発見により、セックステクニックがより効果的になります。

下記のセックステクニックをすぐにご覧ください。

Uスポット・ハイブリット オーガズム(北条麻妃)

神秘の性感スポットを自由に操る男になるための方法!
中イキをさせるには、膣開発がひつようですが、この方法はその日のうちに実践可能。

お気に入りに登録しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る