セックステクニックを綺麗なグラビアモデルで練習、実践⑦北条麻妃のセックステクニック「絶頂ピストンメソッド」

「絶頂ピストンメソッド」バックでの挿入、実践レビュー

「絶頂ピストンメソッド」バックでの挿入、実践レビュー

バックで中イキさせるセックステクニック

北条麻妃の「絶頂ピストンメソッド」を可愛いモデルのYちゃんに試していますが、この子をセックステクニックの練習に選んだのは、セックス不干渉だったからです。

そんな子にセックスを喜びを知ってもらおうと決めたのが始まりでした。

最近は、セックスが好きになり積極的になってきたのでセックステクニックの効果が出たのはとてもうれしく思っています。

今日は、Yちゃんに北条麻妃の「絶頂ピストンメソッド」のバックで挿入して中イキさせようと思っています。

Yちゃんの買い物に付き合った後軽く食事をしてYちゃんのマンションに行きました。

マンションの玄関を入り荷物を下ろしてすぐに、Yちゃんを抱きしめキスをしておっぱいをもみもみしました。

いつも、この子がどのようなシチュエーションでエッチのスイッチが入るのかを試していて様々なことをしています。

女性は、気まぐれでいつも同じパターンではダメなようです。

今回のこのパターンは、彼女にははまったようで玄関先でフェラをしてくれました。

これは、セックステクニックではないですが、「セックスは気持ちいい!」というものが彼女の頭の中にインプットされたのだと思います。

Yちゃんのセックステクニックは、かなり上達してフェラでイカされてしまい口内発射してしまいました。

気を取り直してベットに行き、一通りセックステクニックを使い愛撫してからバックで中イキさせられるかを試してみました。

まず、正常位でGスポットで中イキさせることはできたので体位をバックに変えて挿入!

普通に気持ちいいようですが、ペニスでスポットを攻められているのか確認するのが難しい感じでピストンしながらスポットを探っていきました。

勿論、指マンでバックの時のスポットを確認してはいます。

少し時間をかけてバックで突きながら試しているとやっとスポットにはまったようで、喘ぎ声が大きくなりました。

初めのうちは、バックで突きながら気持ちいいかどうか聞いたりして、Yちゃんも「そこ、気持ちいい!」とか「イキそう!」とか言ってたのが、

バックのスポットにペニスがはまったとたん、喘ぎ声だけで全く言葉は出なくなりました。

やっとスポットにはまったので、うれしくなりピストンを続けていると「あぁぁ・・」という感じで射精感が襲ってきて気づいたら勢いよくビューっとYちゃんの中に。

中イキさせることに集中していたのでうかつでした。

少し気まずかったので中出しには触れませんでした。

Yちゃんに感想を聞いてみたら、「いつもとは全く違う感じでとても気持ちがよかった。」と言っていました。

北条麻妃のセックステクニック「絶頂ピストンメソッド」を連日試していますが練習は必要ですね。

また、女性によってGスポットの位置も違えばセックス経験も違うので様々な女性に試していきます。

⇒ 北条麻妃のセックステクニック「絶頂ピストンメソッド」の詳細説明の記事です

私が、書いた説明なのでご覧くださいね。

あなたも彼女に中イキで至福の快感を与えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る